むにゃむにゃなムニャムニャ

作品になる前のむにゃむにゃした絵と、考えになる前のむにゃむにゃした言葉を、むにゃむにゃとかきとめておく。
上のカエルは、らっぱを吹いているところ。食べているのではないですよ。


2011 / 2012 / 2013-2015 / 2018- / むにゃむにゃしおえる


木でできた動物のおもちゃ達:

考えるのをさぼっていたのではないけれども、ここに何かを書くのは(またしても)久しぶりになってしまったが、そうこうしているうちに、机のまわりに木でできた動物がたくさん集まっていて、楽しい。アンドレ・エレ!

目の前にも、ゾウとウマ、それからこの前、買ってきたばかりのキリンが並んで立ってるのだけど、何やらこしょこしょ3匹でおしゃべりをしているのが聞こえてきそう。

ところで、子供が人形やおもちゃに声を当てて遊ぶときの楽しさと、お気に入りの絵本を繰り返し読むことの楽しさは、つながっていそうな気配がする。

それを世界を認識・理解するための行為だとも考えるのは簡単だけれども、もっと単純にして強固な欲求があるように感じられてならない。ただただ楽しい何かをしたい、という気持ちのような。

……子供や、子供のための表現をめぐって何かを考えているときは、言葉を足場にして前に進んでいくというよりは、自分の中に漂っている感覚や、埋もれている気持ちを手探りで確認していく側面が強くて、なかなか言葉にならないのが歯がゆい。
2018/6/10


2011 / 2012 / 2013-2015 / 2018- / むにゃむにゃしおえる



Copyright: Takashi UCHIMURA All Rights Reserved.