内村 尚志 / うちむら たかし
Takashi UCHIMURA / illustrator / picturebook maker / イラストレータ / 絵本

1981
東京生まれ
1983-1986
オーストラリア、キャンベラに在住
1997-1998
オーストラリアのカウラ高校に留学
2000
慶應義塾大学総合政策学部に入学。在学中にフランス語・スペイン語・ドイツ語を習得
2003
朝日新聞仏語スピーチコンクールで入賞し、特別ユーモア賞を同時受賞
副賞のフランス政府公認ブザンソン短期留学をした後、ヨーロッパに一ヶ月滞在
2006
慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程を修了
論文のテーマはメキシコの詩人オクタビオ・パス
以降、絵本とイラストレーションの制作に専心する
2007
銀座の岩崎眼鏡店9Fギャラリーにて、初個展「オバケのせんたく」
東京都在住
2015
2016
40周年記念「クレヨンハウス絵本大賞」で、優秀作品賞を受賞


Works

Picture books / 絵本

『ひそひそ こしょこしょ』 (クレヨンハウス、2021)/ 絵と文 


『ネコのみち』 (クレヨンハウス、2019)/ 絵と文 


『うみ まだかな』 (クレヨンハウス、2018)/ 絵と文 



Books / 本

『ワイン習慣(ワイン屋が遠回りして見つけた本当に楽しいワインの世界)』 (評言社、2020) / 装画



『ことばずかんだ わん!』 (偕成社、2018) / 翻訳(フランス語から)、リード文(日本語版オリジナル)


『かがやく昆虫のひみつ』 (ポプラ社、2017) / イラストレーション


『ティティはパリでお留守番』 (評言社、2013) / イラストレーション、装画


『大杉栄伝: 永遠のアナキズム』 (夜行社、2013:第五回いける本大賞受賞) / 装画


Magazines / 雑誌

「母のひろば」684号 (童心社、2021)/ イラストレーション

「ふらんす」 (白水社、2010〜)/ イラストレーション連載

「アンデル」 (中央公論新社、2015〜2018)/ イラストレーション連載(「編んでる人が考える」)

「Art Critique」(constellation books, 2010〜2014)/ 漫画「パサージュのイーナ」連載、寄稿(絵本批評、漫画の創作ノート)

「テレビでスペイン語」 (NHK出版、2011〜2012)/ イラストレーション連載


Web

News Socra (2015)/ 書評:エマニュエル・トッド「Qui est Charlie ?」

IGNITiON (2015〜2016)/ イラストレーション(2016.6.30. website closed)




Copyright: Takashi UCHIMURA All Rights Reserved.